新着情報

地域企業のご支援をいただきました!

地域企業のご支援をいただきました!
東大阪市にあります「タツタ電線株式会社」様の体育館を使用させていただくことになりました。
東大阪市公民連携事業とも連携しています。
11月14日に行われました初めての活動の様子が、タツタ電線株式会社様のホームページに掲載紹介されています。
是非、ご覧ください。

タツタ電線株式会社様のホームページ
→ ニュース一覧 → 2021.11.22付記事

11月のスケジュールです!参加票のダウンロードもこちら

11月の活動が、決定しました。

コロナ感染拡大防止につとめて行います。体調管理にご配慮の上、ご参加ください。

ボランティア参加や見学ご希望の方は、事務局までご連絡ください。

11月のスケジュール(PDF)

活動再開される方は、SON・大阪のガイドラインにしたがい、プログラム参加票をご用意の上ご参加ください。

SON・大阪プログラム再開ガイドライン(PDF)

アスリート プログラム参加票(PDF)

ボランティア プログラム参加票(PDF)

 

「いちにのさん」63号が、発行されました

SON・大阪広報誌「いちにのさん」63号が、発行されました。
ご高覧いただきご感想を事務局メールまでいただきましたら嬉しく存じます。

活動れぽーとのページはこちら

 

7月20日EKSデーの朝に思ったこと!

7月20日は、EKSデーです。

SO創設者 ユニス・ケネディ・シュライバー(EKSデー)を偲び、障がいの有無にかかわらず、共に生きようという思いを世界中で共有しています。

皆様からのコメントを募集中です。
スペシャオリンピックス日本・大阪村上理事長からのコメントでスタートです。

EKSデーの朝に思ったこと!

スペシャオリンピックス日本・大阪 理事長 村上 智則

今年はユニス・ケネディ・シュライバーさんの生誕100年にあたります。

ユニスさんのことを思いながら、自転車に乗って出勤しました。

一つ目は、からだを動かすことについてです。自転車をこいでいると厳しい暑さやからだのしんどさ以上に、気持ちがどんどん良くなることに気づきます。スポーツの楽しさである、競い合いや力を合わせることを感じることはできませんが、みんなとトレーニングができる日が早く来ることを願って、できる範囲でからだをうごかそうと改めて思いました。

二つ目は、ユニスさんが大切にしていた「信頼」についてです。新型コロナウイルスのために、人と人の距離が遠ざけられ心までが離れ離れになりそうな日々が続いています。さらに、感染の拡大だけでなく不安を大きくするような不確かな情報があふれています。先行きの見えない今だからこそ、信じあうことや信じあえる仲間の大切さを強く感じています。スペシャルオリンピックスがそういった仲間で成り立っていることをうれしく誇りに思っています。

最後は、東京オリンピックの開会式音楽担当者のニュースについてです。報道される内容を聞いて、怒りと大きな悲しみを感じました。また、当事者の方々のこれまでの悲しみが、さら大きくなっているではないかを思うと言葉にもなりません。一日も早く当事者のお気持ちを和らげるかたちで進んでいくことを願っています。

あわせて、自分自身が過去も含めて、人を傷つける気持ちや人を傷つける行為を許す気持ちをほんの少しも持ったことはないのかということを見つめなおしたうえで、今後の生き方を考えていきたいと思っています。そのよりどころとなるのが、スペシャルオリンピックスの活動であり仲間です。まだ、しばらくは会うことはできませんが、ユニスさんの願いに思いをはせる日に、より多くのみなさんの笑顔がここに届くことを心から願っています。

Weave Smiles ~笑顔をつむごう~のページに皆様のコメントを掲載中!

 

動画のプレゼントが届きました:みんなでからだを動かそう!

大阪保健医療大学の皆さんからプレゼントです!

コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言の発布により活動が、すべて休んでいますが、いかがお過ごしですか?

いつも活動にボランティア参加いただいている大阪保健医療大学の学生さんから簡単にできるストレッチ体操の動画をいただきました。上肢と下肢の二つです。一緒に身体を動かして下さい。
動画画面中央をクリックすると再生します。

活動が再開して、皆さんと会えることを楽しみにしています。

スペシャルオリンピックス日本・大阪 事務局

 

 

PAGE TOP